わらぼっちの 北竜湖キャンプ記(2)
『阿弥陀堂だより』のロケ地を訪ねて

2005年9月30〜10月1日、いつもの通りタンデムで
ravenと『阿弥陀堂だより』の里に行ってきました

(安曇野麦わら帽子通信・安曇野菜園日記番外篇)

阿弥陀堂福島地区小菅神社奥社神戸の大イチョウ
『北竜湖キャンプ記(1)目指すは北信!』へ
わらぼっちのコラム・2006年以降・目次へ
『安曇野麦わら帽子通信』トップページへ

阿弥陀堂

阿弥陀堂

去年(2004年)の5月に映画『阿弥陀堂だより』のDVDを観て以来、ずっと行ってみたいと思っていたそのロケ地・長野県飯山市へ、ようやく行くことができた。
*公式ホームページはこちら→『阿弥陀堂だより』

映画の中で"おうめ婆さん"が住んでいた左の写真の建物は、ロケのために作られたセットである。
でも中に入ってみると、本当に人が住んでいたみたい。

阿弥陀堂の前の景色

台所にはお鍋なんかが置いてあるし、何よりかまどの焦げ跡がリアルだ(『ただ今留守にしています・・・中略・・・戸を閉めてお帰り願います。おうめ』という注意書きもある)。

残念ながら建物の前にはおうめ婆さんの畑、とはいかず、右の写真のようにススキ野原が広がっていた。
でも遠くには、曇っていて見えにくいけれど、映画の中と同じ千曲川の流れを望むことができる。初めて来たのに、なんだか懐かしい気持ちになる場所であった。

↓下の写真左から、阿弥陀堂の台所、近くに咲いていたミゾソバの花、赤トンボ、石仏。
石仏は、駐車場から歩いて登ってくる約400mの道すがら、所々で見られた。

阿弥陀堂の台所 ミゾソバ 赤トンボ 石仏

このページのtopへ


福島地区

福島地区の棚田

阿弥陀堂の近くには、「日本の棚田百選」にも選ばれた福島新田が広がっている。
江戸時代に造られたという石垣が美しい。
保存活動が行われているらしく、一部石畳も整備されていた(これはちょっと歩きにくかった)。

タバコ屋さんの看板

そして帰り道、同じ集落内に素敵なホーロー看板を発見(「ハウスわさび」&「石鹸はオンセン」)。*右の写真→

かなり古いたばこ屋さんだったけれど、この建物も阿弥陀堂と同じように、長らく保存してくれないものだろうか。


このページのtopへ


小菅神社奥社

阿弥陀堂

ここには阿弥陀堂の前に寄ったのだが、映画の中のどの場面で出てきたのか、実はよく覚えていないのだ。
奥社までは1km以上もあるようなので、入り口付近をウロウロしただけ。

帰宅して調べてみたら、参道の杉木立は県の天然記念物に指定されているとのこと。
奥社そのものも、国の重要文化財に指定されている。

奥社参道

そんなすごい所だとはつゆ知らず、私の中では蚊と闘った思い出ばかりが・・・
参道には、いまだに蚊がたくさん飛んでいたのである。
薄暗いからシャッタースピードは遅いし、手に蚊はたかってくるしで、手ぶれのない写真を撮るのも一苦労だった。

(なんとか手は死守したものの、首の後ろを数ヶ所刺され、今もカユい。)

このページのtopへ


神戸の大イチョウ

神戸の大イチョウ

神戸地区にある大イチョウにも、ついでに寄る。
これもまた、県の天然記念物に指定されているらしい。

阿弥陀堂の前の景色

映画の中では、"美智子"が子供達と歌をうたったりする場面がここ(右の写真の、鳥居の前)。

鳥居の後ろに見える葉は全部このイチョウのもので、色付いたら見応えがありそうだ。


このページのtopへ


『北竜湖キャンプ記(3)野沢温泉、猫、姨捨の棚田』へ
わらぼっちのコラム・2006年以降・目次へ
『安曇野麦わら帽子通信』トップページへ

ご意見、ご感想をお寄せ下さい。メール・掲示板へは、こちらから

福助
(c)2003-2011 warabocchi/raven/morgenrot